スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄炭レンガ&満月清掃会&ライブ〜

鉄炭レンガ&満月清掃会&ライブ〜♪

日曜日、竹炭の新野恵さんのお話し会を楽々園公民館で
開催した。
昔からの仲間や、遠くは長野や三原から25名の強者が集まった。
新野さんは中国やモンゴルでの植林の際に竹炭を蒔いたり、竹炭等を
利用し環境や健康に対して積極的な活動を展開されている。
ず〜と、何か楽しめて、川や海がきれになる方法はないものやらと
模索してきたのだが、少し目の前が開けた思いがした。

b0076008_1974016.jpg

b0076008_1974897.jpg


その方法は、竹炭の粉と鉄の粉と粘土を丸めて焼いて鉄炭レンガを作り、
後はそれを海に投げ入れるだけである。

この炭と鉄が海の中で実に絶妙な働きをするという。炭の持つ浄水作用
はよく知られているが、鉄の、海における作用は大変なものである。

山口県宇部沖では、ヘドロがなくなり、海藻が増え、貝や魚が沢山取れる
ように成り、30年以上も前にいなくなっていた「たいらぎ」が取れ始めた
という報告もある。

このレンガは、1キロ200円で10個の鉄炭レンガが作れ、1平方メートル
に1個の割合で置いていけば良いとのこと、広島湾が半世紀前の海に戻ると
いうのだ。
これは、凄い〜!!

早速、昨日の満月清掃会で、18個の頂いた鉄炭レンガを海に投げ込んでみた。
丁度、子供達がいたので、彼らに名誉ある最初の投げ込みを頼んだ。
「ありがとう〜〜」と叫びながら、楽しそうに投げ込んだ。

b0076008_1984131.jpg

b0076008_1985041.jpg


その夜、満月清掃会に間に合わなかった、竜海(タツミ)&KEN子(ケンコ)
のライブをOTISで...。
昔、昔、高校生の頃に一度行ったきりの沖縄が少しだけ近くなった気がした。
音楽を通して様々なメッセージを伝えている。

沖縄は濃いな〜♪熱いな〜♪行ってみたいな〜♪

新聞やTVだけの情報がいかに曖昧なものであるか、その地に住む人々の
声がどんなに大事か少しだけ分かった気がした。

b0076008_1991493.jpg

今年初めての満月清掃会

満月清掃会

今日は今年始めての満月清掃会。
何故に、自転車が海に落ちているのでしょう?
あおさは秋に比べてこの時期はめっきり少なくなりました。

b0076008_19134234.jpg


が、しかし...。。

春に向けて今、少しづつ準備をしています。
ほんの少し、楽しめて、わくわくできて、子供達も巻き込めて、
川から海へときれいな水になるように..「ありがとう」の言葉と
一緒にできる事を企画しています。
お楽しみに〜。

b0076008_1914617.jpg


始めて参加してくださった力強い助っ人さん。
やっぱり、こうじゃあなくっちゃね!





ボランテイアのプロ??


ボランティアのプロ??

9月5日(満月)海に出てびっくり...。以外にも海にゴミが少ない。
一体ついこの間、あんなにあったゴミは何処に行ったのだろうか?

が、しかし...結局集めてみると、こ〜んなに集まってしまった。


b0076008_2355338.jpg

b0076008_1914617.jpg

b0076008_2359872.jpg


お陰さまで、少しづつだが、清掃会に参加してくださる輪が広がって
いる。ご近所の方々にも少しずつ知って頂いているのだろう。
今回も、前回とは違う昔の教え子が来てくれた。
若い女性が参加すると、おじさんメンバーがいつもよりテンションが
高くなっている??


その夜、私と相棒は友人に誘われ、三段峡についていろいろ動いて
おられる会合に参加した。
ホテルに泊まり、そこで出会った方々と語りあった。

いや〜〜〜衝撃なお話しがいろいろ...。目から鱗とはこんな事を言うの
だろうか?
「ボランティアとは、真のプロの集団をボランティアと言う。
日本のボランティアは無知だ!」いや〜〜全くその通りです。

淡々と掃除だけしていた私はいかに無知であったか、知らされた思いがした。
きちんと勉強しよ〜っと思った一日だった。

軽い散歩がーーー。


軽い散歩が、ミニ清掃会?

久しぶりに鈍った身体を反省し、火箸をもって軽く散歩と
繰り出した。
 
近くにある塩屋神社、つい最近神社のシンボルである神社の
木が数本切られた。神社内の木ってご神木でしょ。
一体何事?

最近どうも気になって毎日散歩コースの中に入っている。
今日も同じコースでお参りし、ちょっとだけ、海の様子を..と
見に行ったのが運の付き。

ついこの間満月清掃会で掃除をしたというのに、一体このゴミは??
(以下、8月4日の清掃会の写真)

b0076008_2263735.jpg

b0076008_2295712.jpg


今日はいつもの散歩服(汚れてもいい作業服でいつもは散歩)ではなく、
普段着で来てるというのに、この発砲スチロールの山を見過ごす訳には
行かないのが、私のこの性格。(もう諦めた)
(8月13日の海の様子)

b0076008_2263735.jpg


たまたま海に散歩に来ておられた親子にお願いした。
「今から下に降りてこの紐を結びますから、上から引き上げてもらえますか?」
一瞬躊躇されたお父さんに反し、すぐさま子供さんの方から声がかかる。
「お父さん、手伝うよね。よね」

急いで下に降りて山のようなスチロールを引き上げてもらった。

すると、別のおじさん登場。
「満月清掃会の人?ついこの間あんなに積んであったのに、もうこんなに
ゴミが出たんだ〜。でも最近メンバーが増えたんだって...?清掃会の時
旗がたってるよね〜」
え〜〜?今まで会った事もないような人からこんな話題が...。
手作りの旗がどうも少しは役にたっているようだ。

清掃会を始めて4年。やっと地元の人たちにも認識されてきたようだ。
そういえば、Neco washも3年目から地域の人たちが利用してくださるように
なった事を思い出した。

に、しても、どうも私の場合、軽い気持ちでの散歩は難しいようだ。
この性格、......。。。もう開き直ってやるしかなさそうである。





さぁ、日本の真ん中へ<シュポ> shupo.jr-central.co.jp
新幹線で行く東海・北陸の旅。テーマいろいろ、お好みのプランを検索!

インタレストマッチ - 広告の掲載について

# by necocafe | 2009-08-13 22:10 | 満月清掃会 | Trackback | Comments(0)
またしても、緊急『満月清掃会』
7月12日 18:00〜19:30

七夕に清掃会をしてホッとしたのもつかの間、
仲間からの電話「おけいさん、がっかりするよ〜」
急遽7月12日夕方6時からの引き潮を狙って清掃会をする。

b0076008_23173377.jpg


クタクタになって帰り、一晩寝た。

ちょっと復帰。
先日、限りなくメダボと注意されたばかりだったので、
久しぶりに朝の散歩に繰り出した。
7月13日、朝8:00〜9:30

あ〜〜見るんじゃあ無かった〜!
○○さんを電話で呼び出してロープを持って来てもらう。

が、少々のゴミの量ではない。
昨夜したばかりなのに、この量である。
近くのマンションの仲間に電話をすると、急いで参加。有り難い。

で、結局、またしても、こんな量になってしまいました。

b0076008_23175212.jpg

きれいな海まで、程遠いな〜〜!

七夕の日の満月清掃会


七夕の日の満月清掃会

7月7日の満月清掃会のご報告です。

しっかり気合いを入れて海に出かけた所、あれ?
以外にも少ないゴミの量である。
数日前には、さすがの私も、「今の、見なかった事にしよ!」と
目を閉じて帰ってきた。

誰かがあれだけの量を拾ったとも思えない。という事は..。
「う〜みは広いな〜大きいな〜♪」

「ゴミが少なくって良かったね!」と言われても、あれだけのゴミが
何処かの海に漂流しているかと思うと複雑な気分だ。

b0076008_2332978.gif

b0076008_2331851.gif


が、しかし、少ないと思ったゴミも集めてみるとそれなりの量に
なっている。


先日から参加してくださっている新しいメンバーの皆様、近くのマンションの
会長さん、昨年もこの時期手伝ってくれた友人達(親子程違うけど..笑)。

ありがとうございます。



その後、延々と我が家の庭でのお茶会。その時の冷たいお水の美味しい事!

PS:次回の満月清掃会は:8月4日 15:30〜です。 どうぞ、よろしく〜♪
# by necocafe | 2009-07-10 10:19 | 満月清掃会 | Trackback | Comments(0)
6月26日『満月清掃会』のご報告
今日の夕方6時から清掃会をしました。
夕方、いつものメンバーから電話があったので、ひとりゲットです。
その人は舟入から約9Kmの道のりを自転車でいつも来てくれます。
が、しかし..今日は清掃する前にすでにダウンのようでした。

約300枚のポスティングをしたのですが、一体何人の方が来てくださる
のでしょう?この暑さです。殆ど期待しないで海に出かけました。

すると、2〜3人の方がゴミ袋と火鉢を持っておられます。
どうも貝掘りの方ではないような....。。
チラシを見て駆けつけてくださった方々でした。


皆さん何から始めていいか分からない程呆然とされておられます。
でも、その内、それぞれがバラバラになってゴミ拾いしてくださって
います。
始めての方なのに、これだけのゴミを積極的に拾ってくださいました。
中には、私たちでも躊躇しそうな穴の中まで入って...。
本当に感激です。
それでもまだまだあります。日も沈んでしまい、半分残して次の日に
お預けとなりました。
それでも、この量です。


帰りに記念写真を撮ろうと皆さんに声をかけた所、いきなり、
「先生!」と私を見て...。
何と、教え子でした。(2003年まで23年間寺子屋のような塾もして
いました)その教え子もすでに40歳。ふ〜〜〜。
ビッグサプライズです。
ふたりで、その後防波堤に腰掛けて、彼女の頑張っている生活を聞き
ました。
プロフィール

かんぎょう

Author:かんぎょう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。